鳴子温泉『湯元吉祥』宿泊体験記~お部屋・館内施設編

お出かけ

仙台に来てもうすぐ2年。
引っ越しと同時にコロナ禍に突入し、家族や友達もなかなか呼べずにいましたが…

この度、ようやくダンナの両親をお招きすることができました!

とにかく温泉が大好きな両親。
宮城県で泉質自慢と言えば…前回宿泊した『鳴子ホテル』も素晴らしかった鳴子温泉♪

そんな訳で、今回は鳴子温泉『湯元吉祥』に泊まってみました。

この記事では、「湯元吉祥」のお部屋や設備など、写真多めでご紹介します。

 

「湯元吉祥」の宿泊プラン・料金をチェック! 

 

外観やロビーの様子は?

鳴子温泉『湯元吉祥』外観

鳴子温泉では最も高台にある鳴子温泉『湯元吉祥』
到着してみると、前回泊まった『鳴子ホテル』のお隣でした。

 

 

アクセスは、鳴子温泉駅からは徒歩7分となっていますが…かなり登りますので、徒歩はおすすめできません(汗)

素直に予約制の無料送迎バスを利用しましょう!

鳴子温泉『湯元吉祥』入口の雨ふき取り用タオル

入口には、雨ふき取り用タオルが置かれていました。
細やかなサービス、嬉しいですね♪

鳴子温泉『湯元吉祥』ロビーの体温測定器とアルコールスプレー

今や当たり前となっている体温測定器とアルコールスプレーももちろん設置されています。

鳴子温泉『湯元吉祥』落ち着いた雰囲気のロビー

ロビーはシックな色合いでまとめられ、とっても落ち着いた雰囲気。

鳴子温泉『湯元吉祥』ラウンジ「彩月」

ラウンジ「彩月」

鳴子温泉『湯元吉祥』ラウンジ「彩月」24時間無料のドリンクサービス

24時間無料のドリンクサービスがあります。

鳴子温泉『湯元吉祥』ラウンジ「彩月」囲碁スペース

こんなほっこりできるスペースも♪

鳴子温泉『湯元吉祥』24時間利用できるお土産屋さん「想ひ出横丁」

「想ひ出横丁」
24時間利用できるお土産屋さん。

スタッフが常駐している訳ではありませんが、フロントの向かいにあるので呼び鈴を押すと来てくれます。

鳴子温泉『湯元吉祥』24時間利用できるお土産屋さん「想ひ出横丁」の可愛いラムネやサイダー

こんな可愛いドリンクも売ってました!

鳴子温泉『湯元吉祥』「浴衣処」女性用色浴衣無料サービス

「浴衣処」

女性は無料で色浴衣を選べます。

お部屋の様子は?

コロナ禍ということもありお部屋までの案内はありませんが、特に迷子になることもなくお部屋に到着。

鳴子温泉『湯元吉祥』お部屋入口

一歩足を踏み入れると…

鳴子温泉『湯元吉祥』お部屋入口モノトーンのオシャレなこけしがお出迎え

こんな可愛いこけしちゃんがお出迎え。
モノトーン好きの私としては、テンション上がりました♪

鳴子温泉『湯元吉祥』10畳和室

和室10畳と…

鳴子温泉『湯元吉祥』3畳の次の間

次の間3畳のスタンダードルーム。

鳴子温泉『湯元吉祥』窓際のテーブルセット

三人で泊まるには、十分過ぎる広さです。

鳴子温泉『湯元吉祥』お部屋の窓からの眺め

今回、ビューにはそれほどこだわらなかったのですが…
カーテンを開けるとこんな中庭?ビューでした。

鳴子温泉『湯元吉祥』お部屋のクローゼットと貴重品ボックス

クローゼットには貴重品ボックスもありました。

鳴子温泉『湯元吉祥』お部屋のグラスやお茶セット

グラスとお茶のセットはこちら。

鳴子温泉『湯元吉祥』お部屋のお茶セット

ティーバックの緑茶が用意されています。

鳴子温泉『湯元吉祥』お部屋の冷蔵庫

冷蔵庫にはミネラルウォーターが2本だけ入っていました。(無料)

鳴子温泉『湯元吉祥』お茶請けのゆべし

お茶請けはくるみゆべし。
ウェットティッシュがあるのは、このご時世嬉しいサービス。

鳴子温泉『湯元吉祥』の作務衣

作務衣は人数分用意されています。
ちなみにアラフォーの私は…色浴衣より機能重視で断然作務衣派です!(笑)

鳴子温泉『湯元吉祥』の湯かご

お風呂に行く時は、こちらのカゴを持って行きます。
とっても可愛いですね♪

鳴子温泉『湯元吉祥』お部屋の洗面所

洗面所

鳴子温泉『湯元吉祥』お部屋のアメニティ

アメニティ類も一通り揃っています。

鳴子温泉『湯元吉祥』洗面所の木製コップ

随所に木のぬくもりが感じられて癒されます。

シャワーとトイレ

鳴子温泉『湯元吉祥』押入れの布団(布団敷はセルフサービス…)

これもコロナ禍ということで…布団敷きもセルフサービス。

フロントで聞いた時は、まぁいいかな~と思ったのですが…
夕食をお腹いっぱい食べて部屋に戻った後、自分で布団を敷くのは思った以上に面倒な作業でした。

正直、このサービスは無くさないで欲しかった!

 

湯元吉祥」の宿泊プラン・料金をチェック!

 

『無料貸切風呂が贅沢過ぎる温泉編』の記事はこちらです。

 

 

『郷土の味覚満載の夕食&夜鳴きそば編』の記事はこちらです。

 

 

『品数豊富な朝食バイキング&餅処深瀬の栗だんご』の記事はこちらです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました