【クローゼット折れ戸】意外と簡単!外してみたら超スッキリした話

整理・収納

マンション住まいの我が家。
各部屋にあるクローゼットには、折れ戸がついています。

折れ戸って…開けた状態だと邪魔だし、クローゼット内の両サイドはデットスペースになっちゃうし。

今回は模様替えをするにあたって、折れ戸が邪魔で家具がどうしても収められなかったので…思い切って外してしまったお話です。

素人でも意外と簡単に外すことができ、その結果お部屋も超スッキリ!

 

コマリさん
コマリさん

そもそも折れ戸って必要?
外してみたいけど、難しいのかな…

こんなお悩みを抱えるあなたに、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。
是非参考にしてみてくださいね。

 

模様替えをするにあたって

寝室クローゼットの折れ戸

我が家の寝室クローゼットについている折れ戸。

寝室クローゼットの折れ戸を開いたところ

こんな風にガバッと開くので、かなり場所を取ってしまいます。

今回、模様替えでベッドとこの扉の間にパソコンデスクを置こうと思いたったのですが…この扉のおかげであと数センチのところでデスクが入らないことが発覚!

だったら外しちゃえばいいんじゃない?!

という訳で、ダンナさんに頑張ってもらうことになりました。

折れ戸を外してみた

あくまでも我が家についている扉の場合です。

寝室クローゼットの折れ戸のレール部分

我が家の折れ戸のレール部分。
まずはこのネジを緩めます。

寝室クローゼットの折れ戸の上についている部品

扉上部にはこんな部品がついています。

寝室クローゼットの折れ戸についている部品を押してみたところ

この部分は、押すとこんな感じで凹むようになっているので…
扉を上に持ち上げて下のレールから先に外します。

無事に取り外せた寝室クローゼットの折れ戸

ちょっとやりづらくて何度かガチャガチャとやってしまいましたが…無事に取り外すことができました!

床に傷がつかないようにタオルケットに乗せた寝室クローゼットの折れ戸

外した扉はかなりの重さです。
すべって倒してしまったり、床を傷つけたりしないように、使っていないタオルケットを下に敷きました。

外した扉はどうする?

無事扉を外すことができ、めでたしめでたし!
なんですが…外してみると想像以上に大きくてかなりの場所を取る扉。

どこに収納するのか?問題が発生します。

これ、かなり重要な問題です!
万が一、家中探してもどこにも収納場所が見つからないという場合は、扉外しは諦めましょう…

取り外した寝室クローゼットの折れ戸をベッドの下に収納するところ

我が家は、ベッド(無印良品の足つきマットレス)の下に全く使っていないデッドスペースがあったので、そこに収納することにしました。

収納するのに邪魔な折れ戸の取っ手を片方外したところ

まずは、畳んで収納する時に邪魔になるので、片方の取っ手を取り外しました。

寝室クローゼットの折れ戸をタオルケットで滑らせながらベッドの下に収納するところ

またまた使っていないタオルケットを敷き、傷がつかないよう慎重にベッドの下にすべり込ませました。

サイズもちょうど良くベッドの下に収納された寝室クローゼットの折れ戸

長さもピッタリ!スッキリと収まりましたー♪

模様替え完成!

折れ戸を外したことでスペースができ、置けるようになったパソコンデスク

扉を外したことによって、めでたくパソコンデスクを置くことができました。

模様替えが完成した我が家の寝室

以前はリビングのテレビのすぐ横にパソコンデスクを置いていたので、なかなか作業に集中できなかったのですが…こうして私の立派な書斎?が完成しました!

ちなみに…クローゼットの扉を外すということは、当然中が丸見えになるということ。

折れ戸を外して丸見えになってしまったので、断捨離してスッキリ整理したクローゼット内部

今回はクローゼットの中も思い切って断捨離し、スッキリ整理しました。
ダンナの衣類、布団、日用品のストックなどが収納されています。

この断捨離を機に、クローゼットの中でかなり場所を取っていた来客用布団を処分しました。

年に数回なら、レンタルでいいかな。

物が多く狭苦しかった以前のリビング

以前はこんな感じで狭苦しかったリビングですが、模様替えによりテーブルを移動できた結果…

模様替えにより広いスペースができた我が家のリビング

こ~んなに広いスペースができました。

ポポ
ポポ

これなら思いっきり走り回れるよ~!

まとめ

クローゼットの扉を外すメリット・デメリットについて。

・部屋のスペースを有効に使える
・クローゼット内のデッドスペースが無くなる
・外した扉の収納場所に困る
・クローゼットの中が丸見えになってしまう

我が家の場合、外してみて1カ月ほど経ちますが、特にデメリットは感じていません。
もともと扉は開けっ放しにしていることがほとんどだったので…(汗)

むしろ、扉が無くなったことで部屋全体がとてもスッキリした印象です。
常に見えているという状況は、いつもキレイに整えておこうという意識にもつながります。

この記事が、「クローゼットの扉って、ちょっと邪魔だなぁ…外してみようかな?」と思っているあなたの少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました