【グルテンフリー米粉パン】ミズホチカラ×HBで失敗知らず!

暮らし

アラフォーになってからというもの…最大の悩みが頑固な便秘。
このブログでも便秘がらみの記事が多めです(笑)

 

 

あれこれトライしてみるものの…素朴な疑問がひとつ。

基本的に私の食生活は7割が野菜というぐらいヘルシーで、食物繊維もしっかり取り栄養バランスも悪くないはず。

それなのにどうしてこう何年もずっと胃腸の調子が悪いのか??
もちろん加齢、ストレス、、運動不足、、、と思い当たる節が無い訳ではないんですが…(汗)

もっと何か根本的なところを変えてみたら改善されるかも?!

と思い立ち、おためしで始めてみたのが…

小麦に含まれているたんぱく質のひとつ「グルテン」を抜く「グルテンフリー生活」

まぁ…完全には難しいですし、ストレスにもなりかねないので「ゆるグルテンフリー」生活ですけどね。

この記事では、「グルテンフリー生活」の第一歩としてホームベーカリーで焼いてみた米粉パンについてまとめてみました。

とにかく失敗が多く難しいと言われているグルテンフリーの米粉パン。
パン作り初心者の私が焼いてみた結果は…?!

コマリさん
コマリさん

米粉パン…焼いてみたいけど難しいのかな?美味しいのかな?

この記事はそんなあなたにおすすめです!

是非参考にしてみて下さいね。

米粉パンには「ミズホチカラ」がおすすめ

とにかくパンが大好きな私。
三食のうち一食はパンを食べないとストレスが溜まってしまうんです(笑)

そんな私なので…
いざ「グルテンフリー生活」と言っても、突然パンが全くない生活は絶対にムリ!

だったら…小麦に代わる材料のパンを食べればいいんだ!!

小麦に代わる材料、そう!それは「米粉」

早速米粉のパンを求めてスーパーや近所のパン屋さんを巡ってみるも…100%米粉のパンを見つけるのはそう簡単ではありませんでした。

「成城石井」やネット通販では購入可能ですが…少々割高な印象。

それなら自分で作っちゃおう!
そんなこんなで、生まれて初めて「米粉」を使ったパンを焼いてみることにしました。

これまでホームベーカリーで、小麦のパンは何度も焼いてきました。

私がやるのは材料を計って入れるだけで、あとは賢いホームベーカリーさんが何から何までやってくれるので、失敗したことはありません。

ところが米粉パンについて調べてみると…ビックリするぐらい多くの失敗談が出てきました。

「全く膨らまずぺっちゃんこ」
「真ん中が陥没して凹んでしまった」
「カチカチになった」
「粉っぽい」
「生焼け」

米粉パン、どんだけ難しいのよ?!

作る前から早くも心が折れそうになりました…

でも!そんな米粉パン超初心者の救世主となる米粉を見つけました。


熊本県産のお米「ミズホチカラ」100%
グルテンフリーパン向けに特化して作られたパン用の米粉

こちらの米粉を使うと、初心者でもしっとり美味しい米粉パンが焼けるというので、早速購入してみました。

パン用米粉「ミズホチカラ」2kg

こちらがAmazonで購入したミズホチカラ。
2kgはドーンと結構な量です。

開封後は冷蔵庫保存なので、かなり場所を取るのが難点…

パン用米粉「ミズホチカラ」2kgの賞味期限は6ヶ月

賞味期限は半年ほど。
パンを焼くのに一度に使う米粉の量は約300gなので、少なくとも月に一回程度パンを焼けばほぼ使いきれる量ですね。

ミズホチカラ×ホームベーカリーで米粉パンを焼いてみた!

材料

今回参考にしたレシピはこちら。

 

パン用米粉(ミズホチカラ)  300g
きび砂糖             20g
塩               5g
インスタントドライイースト        4g
水(※温度に注意!)            240ml
菜種油                          大さじ1(12g)

※水は夏は10℃以下、冬はぬるま湯とあったので、電子レンジで少しだけ温めて入れました。

パン用米粉「ミズホチカラ」を使った米粉パンの材料

ビックリしたのが、小麦のパンを作る時には必ず入れていたバターも牛乳も入っていないこと!
どこのご家庭にもある砂糖と塩、水と油でできてしまうなんて、お手軽ですね。

作り方

パン用米粉「ミズホチカラ」で作る米粉パンの材料を全てパンケースに入れたところ

1.全ての材料をパンケースに入れて、ホームベーカリーにセット。
2.ドライイーストをイースト投入口にセット。
3.「米粉パン(小麦なし)」コースでスタート。

以上!!

あれ?!
米粉パンって難しいんじゃなかったの?

材料を計って入れるだけ、という手順は小麦の時と全く変わりません。

パナソニックホームベーカリーでメニュー10「米粉パン(小麦なし)をセットしたところ

我が家のこのパナソニックのホームベーカリーには、メニュー10「米粉パン(小麦なし)」というコースがありました。

もし米粉パンのメニューがない場合は「早焼きコース」でもOKとのこと。

確かに…小麦のパンは焼き上がりまで4時間かかるところ、米粉パンの所要時間は約1時間55分!
あまり時間がないけどパンを焼きたい!という時にも便利ですね。

焼き上がり

パン用米粉「ミズホチカラ」の米粉パンが焼きあがったところ

焼きあがりましたよー!

米粉パンは、こんな風にひび割れしやすいとのことですが…開けた時はちょっとビックリしました(汗)

パン用米粉「ミズホチカラ」を取り出して網に置いて冷ましているところ(やや焦げあり)

焼き上がりの少し前から、若干焦げ臭いような気がしていたのですが…
やっぱりちょっとだけ焦げていました。

周りはかなり固そうだけど、本当に美味しく焼けているんだろうか??
この時点では、もしかして失敗?とかなり不安…

実際食べてみた感想

パン用米粉「ミズホチカラ」の米粉パンをキッチンペーパーで包み、ジップロックに入れて翌朝まで保管

焼きたてをすぐに食べてみたい衝動に駆られましたが…米粉パンは一晩おいた方がよりしっとりしてカットもしやすいということで…

粗熱が取れたパンをキッチンペーパーで包み、さらにジップロックに入れて一晩待ちました。

翌朝パン用米粉「ミズホチカラ」の米粉パンをスライスしてみたところ

翌朝、恐る恐る?カットしてみると…

ん?!ちゃんとパンになってるー!!

焼きたての時はガチガチだった周りも、程よくしっとりしています。

パン用米粉「ミズホチカラ」の米粉パンの断面

初めて焼いたにしては、上出来ではないでしょうか?

生のまま、少しちぎって食べてみると…小麦とは明らかに違うモチモチ食感。
塩の種類にもよると思いますが、やや塩気が強いように感じました。

パン用米粉「ミズホチカラ」の米粉パンをパナソニックコンパクトオーブンで焼いているところ

早速お気に入りのパナソニックコンパクトオーブンで焼いてみました。

こんがり美味しそうに焼けたパン用米粉「ミズホチカラ」の米粉パン

こんがり美味しそうに焼けましたー!

外はカリッ、中はしっとりモチモチのパン用米粉「ミズホチカラ」で作った米粉パン

一口かじってみると…外はカリッ、中はしっとりモチモチ。
生の時に感じた塩気も全く気にならず。

固いのでは?と心配していたひび割れの部分は、カリカリ食感が楽しい!
例えて言うなら、焼きおにぎりのカリッと焼けた部分を食べているイメージ。

何これ、美味しー!!!

はっきり言って、小麦で焼いたパンより断然好きです。

正直…食パン専門店ブームの昨今、家で焼くパンよりお店の方が美味しいので、ここ数年ホームベーカリーはすっかりお蔵入りしていました。

そこに断捨離ブームも乗っかって、手放してしまおうか…と思っていた矢先に出会ったこの米粉パン。

ホームベーカリー、断捨離しなくてほんとに良かった!(笑)

すぐに食べない米粉パンは一枚ずつラップに包みジップロックに入れて冷凍

すぐに食べない分は、こうして一枚ずつラップしてジップロックに入れて冷凍しています。
トースターで焼けばいつでも焼きたての美味しい米粉パンが食べられますよ。

(追記)2回目はミズホチカラ袋のレシピで焼いてみた!

パン用米粉「ミズホチカラ」で作った米粉パン袋に書いてあるレシピ

さてさて、美味しくてアッと言う間に完食してしまった1回目の米粉パン。
早速2回目を焼いてみることに…

冷蔵庫から取り出した袋を良くみると、ホームベーカリー用のレシピがあるじゃないですか!(いや、普通に気づくでしょ…)

2回目は、こちらのレシピで焼いてみました。

パン用米粉「ミズホチカラ」で作る米粉パンの材料をパンケースに入れたところ

パンケースに材料をどんどん入れていくのは同じですが…

パンケースに入れたパン用米粉「ミズホチカラ」で作る米粉パンの材料をレシピに従って混ぜたところ

【作り方】
①キャノーラ油、水以外の材料をあらかじめ混ぜておく

とありましたので…一応パンケースの中で混ぜ混ぜしてみました。

パン用米粉「ミズホチカラ」で作る米粉パンの焼き上がり

焼き上がりは…ケースからあふれ出る勢いだった1回目に比べると高さがありません。
ひび割れに関しては、1回目より少なくやや滑らかな表面。

1回目より高さが出なかったパン用米粉「ミズホチカラ」で作る米粉パン

もう少し膨らみが欲しい感じもしますが、形はとってもキレイです。
1回目はドライイーストが4g➡2回目は3gなので、4gに増やせばもう少し高さを出せるかもしれません。

パン用米粉「ミズホチカラ」で作る米粉パンをカットしてみたところ

1回目の時同様、一晩寝かせてからカットしてみました。

1回目よりしっとりきめが細かいパン用米粉「ミズホチカラ」で作る米粉パンの断面

そんなに膨らまなかった分、きめが細かい印象。
表面はすごくしっとりしています。

トーストしたパン用米粉「ミズホチカラ」で作る米粉パン

トーストして食べてみました。

1回目も小麦のパンに比べるとモチモチしていましたが、さらに「米」を感じられるモチモチ食感。
いつもより良く噛んで食べたので、腹持ちは良さそうです。

ムスメ
ムスメ

美味しい~!

と、パン大好きな娘もバクバク食べてくれました。

サクッ、フワ~と軽めの食感1回目、しっとりモチモチ食感の2回目。
どちらが美味しいかは好みによるかな?

というか、どっちもかなり美味しいです!!

今後もさらに改良を重ねて、自分にとってベストな米粉パンが焼けるようにしていきたいと思います。

まとめ

ハードルが高いと思われた米粉パンですが、「ミズホチカラ」のおかげで初心者の私でも失敗なく美味しく焼き上げることができました!

「ゆるグルテンフリー生活」を続けてみた結果、お腹が張ることはかなり減って体調はいい感じです。

 

何より美味しいので、無理なく続けられるのがポイントです。

グルテンフリーのパンは、買おうと思ってもスーパーやご近所のパン屋さんではなかなか手に入らなかったりお高かったりするので、こうして自宅でいつでも作れるのは嬉しい限り。

あなたも「ミズホチカラ」のパワーで、楽しく美味しいグルテンフリー生活を始めてみませんか?


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました