【セカンドストリート出張買取体験談】気になる買取価格を大公開!

暮らし

今年、転勤にマイホーム購入と2回の引っ越しをした我が家。
引っ越しというのは、まさに不用品を処分する大チャンス!

我が家も大型家具から小さなものまでたくさんの不用品が出ました。
大きな家具は、粗大ゴミとして処分するだけでも結構なお金がかかってしまいます…

何か良い方法はないかな~と思っていた時に見つけたのが、リサイクルショップの出張買取サービス。

今回は『セカンドストリート』というリサイクルショップの出張買取サービスを利用した我が家が、実際のところいくらで買い取ってもらえたのか?

ポポ
ポポ

買取価格を大公開しちゃいます!

是非参考にしてみて下さいね。

セカンドストリートってどんなお店?

セカンドストリートは全国700店舗以上の実店舗と、オンラインストアで中古品買取と販売を行う総合リユースショップです。

700店舗も!
あなたのお家のご近所でもこの赤と青の看板のお店、見かけたことありませんか?

東北なので…たまたま雪景色になってしまいました(笑)

セカンドストリートには、洋服(古着)・バッグを中心にハイブランド品、家具、家電製品まで本当にいろいろなものがあります。

思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれませんね!

セカンドストリートを選んだ理由

ちなみに我が家がセカンドストリートを選んだ理由は…千葉に住んでいた時も仙台でもご近所に店舗があり、馴染みもあるし、何よりも安心感があったからです。

コマリさん
コマリさん

出張買取サービスを利用したら…思わぬトラブルに巻き込まれちゃった!

なんて話をしばしば耳にします。

出張買取というのは当然自宅に入ってもらう訳ですので、全く知らない業者さんにお願いして、どんな人が来るのかも全く分からない…というのは正直とっても不安ですよね。

その点セカンドストリートは全国展開されている有名チェーン店なので、買取基準や手順などもある程度統一されているという安心感があります。

そんな訳で、我が家はセカンドストリートに出張買取をお願いすることに決めました!

というか、今回が3度目の利用になります。
実は…セカンドストリートリピーターです!(笑)

出張買取の流れ

電話で予約

まずはご近所の店舗に電話をして、買取日時の予約をします。

仙台では出張買取専門の電話番号があり、店舗に電話するとそちらの番号を案内してもらえました。

日によってまわっている地域が決まっているようで、時期にもよりますが混み合っていることが多いようです。

長いと2週間ぐらい先になってしまうこともありますが、ちょうどキャンセルなどが出ていると2~3日後に来てもらえるなんてこともあります。

電話では、買い取って欲しい品物の詳細を聞かれます。

トラックに乗せる都合で、大型家具は寸法なども聞かれるので、電話をする前にあらかじめ確認しておくとスムーズですね。

さらに、申込者の身分証明書(運転免許証など)を準備しておくようにと伝えられます。

そしてこのご時世なので…「感染対策は万全を期しておりますが、訪問によるコロナ感染のリスクがゼロではないことをご了承下さい。」という一言も添えられます。

見積もり→査定金額発表

予約した日時にスタッフがやって来て、実際に品物をチェックして査定金額を出してくれます。

スタッフにもよりますが…傷や劣化、破損している箇所は無いかなどかなりじっくりと確認されます。

買い取って欲しい品物は、ほこりや落とせる汚れは落とし、できるだけキレイな状態にしておくことをオススメします!

実際このひと手間でかなり印象は良くなり、査定金額もアップするようです。

査定金額が決まると、ドキドキの…金額発表!

思ったより査定金額が低くてこちらがやや不満そうにすると…ちょっと申し訳なさそうになぜその金額になったのかを丁寧に説明してくれます。

その金額に納得できなければ「やっぱりこれは売りません!」と言っても全く嫌な顔ひとつされません。

しつこくされることなどは一切なく、拍子抜けするほどアッサリ「あ、そうですか。ではこれはキャンセルしますね。」と笑顔で対応してくれるのでその点は安心です。

買取決定→運び出し

金額に納得したら、所定の用紙に住所・氏名などの必要事項を記入します。
その際身分証明書の提示を求められ、免許証は番号を控えていました。

手続きが終わると、運び出しが始まります。

引っ越し業者のように大きな布を床に敷き、大型家具もテキパキと運び出します。
作業はとても丁寧で、傷をつけられたこともありません。

以上が出張買取の一連の流れとなります。

家の中で場所を取っていた大型家具がなくなると、空間が広くなるのはもちろん、心もものすごくスッキリしますね~!

我が家が買取を依頼した品物

①押入れラック×4台

押入れに設置して収納力をアップさせることができるこんなラック。


購入時期ははっきりとは覚えていませんが…おそらく10年ちょっとは使ったものと思われます。
とっても頑丈で、重いものを乗せてもビクともせず重宝していたのですが…

我が家、引っ越しにより押入れが無くなってしまったので。

10年以上使った割には状態は良くキレイな方だと思います。

②パイプハンガー

こちらは…一体いつから我が家にあるのか全く分からない品物です(汗)

なぜかキャスターも見当たらず、パイプ部分はサビのような落ちない汚れも若干あり、持って行ってもらえたらラッキー!ぐらいのものです。

③テレビ枕

こんな感じでお昼寝や読書、テレビ鑑賞など用途に合わせて形が変えられるクッション。


いつぞやの…オリンピックをじっくり観戦するために張り切って購入したテレビ枕。
結構あれこれこだわって探し、布団屋さんのサイトで5,000円ぐらいで購入しました。

でもその後だんだんと出番が少なくなり、使わない時はとにかくどこに収納してもものすごく場所を取るので…この度処分することになりました(涙)

④無印 ポリプロピレンクローゼットケース×6個

これは…正直全く手放したくなかった品物です。

引っ越し前の2つのマンションでは、この奥行55cmの衣装ケースがクローゼットにピッタリでした。

奥行55cmの無印クローゼットケースがピッタリおさまっていた前のマンション

こんな風に、お気に入りの無印収納でクローゼットを開ける度にテンションアップしていたんです。

でも、何かとコンパクトな造りの新しいマンションのクローゼットはほんの少し奥行が狭く、この衣装ケース、入ることは入るんですがどうしても開け閉めする度に扉がこすれて摩擦が起きてしまい…

他の使い道もあれこれ考えたのですがどうにも活用できず、今回泣く泣く手放すことになりました。

⑤イケアのオープンラック

今回セカンドストリートに買い取ってもらったイケアのオープンラック

イケアのオープンラック。
こちらも10年ほど使用しているので、カラックスに変わる前のエクスペディートと思われます。

娘が小さいうちはリビングで使用し、リビングに無印のスタッキングシェルフを置いてからは、子ども部屋で長年活躍してくれました。

この度娘の部屋にベッドを置くことになり、スペースが足りないので処分することに。

ちなみにイケアの家具は、リサイクルショップによっては買取を断られることがあります。
なぜなら…劣化が激しいから!

でもセカンドストリートはイケア家具も買取OKなので、ご安心ください。

イケアのオープンラックの塗装剥がれ

我が家で長年使われたこのラックも、ところどころこのように塗装が剥げ…

イケアのオープンラックの木の剥がれ

なんと!木が剥がれてめくれてしまっています。

さすがにこれは買取はキビシイか…と思いつつもダメもとで査定に出してみました。

その結果は果たして…??

ドキドキの買取価格を大公開!

 

①押入れラック×4台

50円×4台=200円

物はしっかりしているんですけどね…意外と値段はつきませんでした。

②パイプハンガー

100円

ダメもとで査定をお願いしたパイプハンガー。
粗大ゴミに出したら400円かかるところ、100円で買い取ってくれました。

セカンドストリートさん、ありがとう!!

③テレビ枕

300円

査定中、「これ、布団屋さんで購入したのでモノは確かだと思いますよ~。」なんてつぶやいてみたんですけどね…この結果でした。

多少ほつれがあったことと、メーカー名の記載がなかったのが理由とのことです。

④無印 ポリプロピレンクローゼットケース×6個

150円×6個=900円

実はこの衣装ケース、今回査定に出す2ヶ月前にも他のものと一緒に査定に出しています。

その時はたまたま買取金額20%アップキャンペーン期間中でした。
それでもついた値段は1個100円。

「あの人気の無印ですよ?」と念押ししてみましたが、特に効果は無く…(笑)
その時は査定金額に納得できず、キャンセルさせてもらいました。

でも2ヶ月あれこれ考えてもどうしても活用法が見つからなかったので、今回査定をお願いしたところ…キャンペーン中でも無いのになぜか前回より高値がつきました!

正直ムジラーとしては150円でもちょっと複雑ですけどね…
まぁ元の価格が良心的な無印さんなので、妥当と言えば妥当ですね。

このように査定金額は、スタッフによってやや個人差があるようです。

勝負は時の運…といったところでしょうか(笑)

⑤イケアのオープンラック

1,000円

あの豪快な木の剥がれで、買い取ってもらえないかな~とドキドキしたんですが…なんと1,000円の値がついていました!

理由を確認すると、やはりラック本体は状態があまり良くないのでほとんど値段はつかなかったのですが、一緒に出した付属品の扉×2セットとバスケットの方に値段がついたそうです。

処分に困っていたあれこれをセカンドストリートに買い取ってもらったところ…

買取価格は、合計2,500円になりましたー!!

まとめ

買取価格2,500円をお得と感じるか安いと感じるかは、個々の価値観によると思います。

私の無印の衣装ケースのように、お気に入りだけどどうしても手放さなければならない…という場合には、もしかしたら金額に納得できないこともあるかもしれません。

でも私個人の率直な感想としては…

ほぼ使い道のなくなった品物をお金をかけずに処分できた上に、2,500円のちょっとしたお小遣い稼ぎができてラッキー!

という感じです。

不用品処分の方法は、フリマを活用したり、知人に譲るなどさまざまです。
その選択肢のひとつとして、リサイクルショップの活用方法についてお伝えしました。

この記事が

コマリさん
コマリさん

リサイクルショップって実際どのぐらいの金額で買い取ってくれるの?

というあなたの疑問を少しでも解消できれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました