【ケユカゴミ箱レビュー】27Lサイズが食器棚にシンデレラフィット!

暮らし

今年、仙台で中古マンションを購入した我が家。
全体的にコンパクトな造りで…当然キッチンもやや手狭。

思った以上に収納する物が多いキッチン。
ここは思い切って…大容量の食器棚を購入しました!

その大きな食器棚と冷蔵庫を置いてしまうと、もはやゴミ箱を置くスペースは無いので…食器棚を選ぶ時、ゴミ箱を置くスペースがあることは必須条件でした。

今回は、そんな食器棚のスペースにシンデレラフィットし、尚且つとっても使いやすかった

KEYUCA(ケユカ)arrots ダストボックスII

を三ヶ月使ったみた感想をお伝えします。

是非参考にしてみて下さいね。


我が家のゴミ箱選びの3つの条件

我が家がゴミ箱を選ぶにあたって、譲れなかった条件はこちらの3つ。

・食器棚のゴミ箱収納スペースにおさまる
・真っ白でスッキリしたデザイン
・足踏みペダル式で手が汚れない

この条件を最も満たすゴミ箱を求めて、大好きな無印良品はもちろん、たくさんのゴミ箱をあれこれ比較検討しました。

そして、ピンときた商品が…

KEYUCA(ケユカ)arrots ダストボックスII

どんなところがオススメなのか、実際使ってみた感想とともにお伝えします。

KEYUCA(ケユカ)arrots ダストボックスII 

こちらが食器棚の収納スペースにシンデレラフィットでおさまるケユカのゴミ箱です。

スッキリとしたデザインで美しい~!

出典:KEYUCA

サイズ展開はこちらの4種類。
我が家は一番大きい27Lサイズを購入しました。

買って良かったポイント

観音開きの蓋で省スペース!

このゴミ箱に決めた最大の理由と言っても過言ではない、ありそうでなかった観音開きの蓋。

足踏み式のペダルを踏むと、このように真ん中からパカッと蓋が両側に開きます。
縦や横に大きく開く蓋に比べて、とっても省スペース。

高さの無い場所に何とかゴミ箱を設置したいんだけど…という方にピッタリ!

我が家もはじめ他のゴミ箱を検討していた時には、この棚板は外さないとダメだよね~と話していたのですが…

このように、ゴミ箱とセットで使いたいゴミ袋や新聞紙などを収納するスペースを確保できました!

狭いキッチンでは、このちょっとしたスペースを活かせるのは嬉しい限り。

ひとめぼれした真っ白&スッキリデザイン

とにかく家中を白くしたい私としては、ゴミ箱も白以外のアイテムは考えられません!

そんな中でもこのケユカのarrotsはカチッとしたフォルムなので、こうしていくつか並べて置いた時にも、その美しさが際立ちます。

足踏み式ペダルで簡単開閉

調理中手が汚れている時、もしくはゴミ箱を触りたくない時も、ゴミ箱に触れることなくゴミを捨てることができる足踏みペダル式は、とっても便利で我が家では必要不可欠な機能です。

また、これまで使っていたゴミ箱はペダルを踏んでヨイショ…という感じで蓋が持ち上がっていたのですが…初めてこのペダルを踏んでみた時、その抵抗の無さにビックリしました。

本当にに簡単に、軽々と蓋がパカッと開きます!

そして蓋にはダンパーが仕込まれているので、ペダルから足を離すと静かに閉まります。
開け閉めするたびにバタンバタンと音がしないのは、想像以上に快適です!

キャスター付きで移動も楽々

arrotsには、奥側だけこのようにキャスターがついています。

移動したい時には持ち上げる必要はなく、手前を少し浮かせれば簡単に移動することができます。
もちろん床が傷つくことも全くありません。

キャスターは奥側だけなので、動かしたくない時にコロコロと動いてしまうこともありません。

このキャスターがあるとないとでは、使い勝手の良さが段違い!というぐらいとっても便利な機能です。

ゴミ袋のつけ替えも簡単!

arrotsには、こんな袋留めがついています。
サイズは、30Lのゴミ袋がピッタリ。

簡単に取り外すことができるので、ゴミ袋を設置する時にはこのように持ち上げ、袋留めにゴミ袋をかぶせます。

元の位置に戻したら、設置完了!

袋留めをはめるのもとても簡単ですし、もちろん袋が外から見えてしまうことも無いのでスッキリ。

これまでゴミ箱にゴミ袋をセットするのって、ちょっと面倒臭くてキライな名もなき家事のひとつだったんですが…(笑)

このゴミ箱にしてから、全く苦にならなくなりました!

袋留めには、こんな凸凹留め具がついているので、そこにレジ袋を引っかけて細かい分別をすることもできます。

我が家は使っていませんが、ゴミ箱の中にゴミ袋の収納ケースまであります。
とことん使いやすさを追求したユーザー思いの商品ですね。

ちょっとだけ残念なポイント

買って良かったポイント満載で、本当に大満足の商品なのですが、敢えて残念ポイントを挙げるとすれば…

意外とすぐにいっぱいになってしまうこと。

このゴミ箱に変える前、我が家は45L大容量のゴミ箱を使っていました。

置けるスペースが限られてしまったので、サイズダウンしたのは仕方のないことなんですが…やはり以前に比べると、あれ?もうゴミいっぱいになってる?!ということがしばしば。

そんな時はギュギュッと押し込んで…まだいける!と頑張っています(笑)

でも、逆に考えればズボラな我が家でも強制的に?こまめにゴミを捨てることになるので、臭い対策にはなるかな~と思います。

生ごみは専用ゴミ箱でベランダに置いているので、今のところ臭いが漏れるということはほぼありませんが…

夏場はやはり長期間置いておくとさすがに臭ってしまうこともあると思うので、こまめに捨てられる27Lというサイズはちょうど良いのかもしれません。

まとめ

KEYUCA(ケユカ)arrots ダストボックスIIは、高さのないシンク下や食器棚の収納スペースにもスッキリ収まりやすい、観音開きの蓋が最大の魅力です。

今までありそうでなかったこんな便利な蓋を考えてくれたケユカさん、ありがとう!

このゴミ箱は、今年買って良かったものベスト3にランクインするぐらい、本当に買って良かったと思える商品です。

この記事が、あなたのゴミ箱選びの少しでも参考になれば幸いです。


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました