PR

【ベースパスタ】3つのデメリットと5つのメリットを口コミレビュー

食・グルメ
スポンサーリンク

年齢を重ねるにつれ『健康に暮らしたい!』という思いが強くなるアラフィフ主婦jasmineです。

そんな私が今回試したのは、テレビや雑誌でも話題の『ベースフード』

この記事では『ベースフード』から販売されている『ベースパスタ』を実際食べてみた感想やメリット・デメリットを正直に口コミレビューします。

結論から言うと…少しクセはあるけど普通に美味しくて、私はハマってます♪

コマリさん
コマリさん
ベースパスタ、気にはなるけど…どんな味なの?

この記事はそんな疑問を持っているあなたにおすすめです。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

\初回20%オフ/
公式サイトが最安値で一番お得! いつでも解約OK!
スポンサーリンク

ベースパスタの特徴

完全栄養食

『ベースパスタ』アジアン袋の栄養成分表示・原材料名

袋の栄養成分表示を見ただけで『なんかスゴそう…』と思える栄養素の種類の多さー!

ベースパスタは、26種のビタミン&ミネラル、たんぱく質、食物繊維など、からだに必要な栄養素がぎゅっとつまった完全栄養パスタ

※ 1食(1袋)で、栄養素等表示基準値に基づき、他の食事で過剰摂取が懸念される、脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウムを除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

種類は2種類

麺の種類は、アジアン・フェットチーネの2種類。
どちらが美味しいかは、好みの問題ですね…。

私はどちらも美味しく食べていますが、合わせるソースが大事。

公式サイトでもベースパスタに合う2種類の特製ソース『コクと旨みのボロネーゼソース』・『ピリ辛台湾まぜそばソース』を購入できます。

原材料

『ベースパスタ』フェットチーネ袋の栄養成分表示・原材料名

小麦たんぱく(フランス製造)、小麦全粒粉、小麦胚芽、大豆粉、米ぬか粉、卵黄粉末、卵白粉末、発酵調味料、アマニ油、還元水飴、調味酢、米酢、大豆油、粉末油脂、昆布粉末、酵母 / 加工でん粉、調味料(無機塩)、酒精、アルギン酸カリウム、卵殻カルシウム、(一部に小麦・卵・大豆を含む)

もしかしたらベースフードは添加物が多いというイメージがあるかもしれませんが、実は余計な添加物は入っていません。

合成保存料・合成着色料も不使用なので安心して食べることができます。

買い物をする時、添加物が気になって原材料をチェックすることが多い私としては、すごく嬉しいポイントです♪

賞味期限

ベースパスタは常温保存が可能で、賞味期限は注文日から約1ヶ月前後です。

合成保存料は使用せず、パッケージ内の酸素を抜いた上で加熱殺菌を行うことにより、生麺でも長期保存ができるよう工夫されています。

ただし、開封後は当日中に食べきることを推奨しています。

また、amazonや楽天市場などのモールでは賞味期限は1、2週間程度と、公式オンラインショップ経由での購入より短い場合があるので、購入は公式サイトからがお得です♪

まとめて購入しても、冷蔵庫や冷凍庫のスペースを圧迫しないのはありがたいですね。

\初回20%オフ/
公式サイトが最安値で一番お得! いつでも解約OK!

ベースパスタアジアンの口コミレビュー

『ベースパスタ』アジアンの袋

 

作り方

『ベースパスタ』アジアンを袋から出したところ

袋から取り出したペースパスタ(アジアン)。
固まっているので少し手でほぐします。
※開封時『え…大丈夫?!』ってぐらい酸味のある独特の臭いがします(汗)
でも茹でるとほとんど気にならなくなりました。
『ベースパスタ』アジアンを鍋で茹でているところ
茹で時間は爆速の1分♪ 忙しくて料理する時間なんて無ーい!という時にとっても重宝します。
さらに簡単にしたい場合は、電子レンジ調理も可能♪(500Wで2分チン)

茹で上がった『ベースパスタ』アジアン

アッという間に茹で上がりましたー!
私は麺硬めが好みなので50秒ぐらいであげましたが、問題無く柔らかくなっていました。

ピリ辛台湾まぜそばソース

『ベースパスタ』台湾まぜそばソース

初めてなので、公式サイトでベースパスタに合う専用ソース『ピリ辛台湾まぜそばソース』を購入しました。
ソースを全量入れると、胃腸弱めなアラフィフの私には少し味が濃かったです…
最初から全部入れずに様子を見ながら食べることをおすすめします。
ラー油もかなり多めなので…お好みで量を加減して下さい。
ちなみに辛いものはそこそこ好きな私は、半分ぐらい入れてちょうど良かった感じです。

実食!

『ベースパスタ』アジアン台湾まぜそばソース完成

何だか麺だけじゃ淋しいかなぁ…と、トッピングを加えてみました。(キムチ・ささみ・ネギ)
全体を良~く混ぜていただきまーす!
まず麺の食感は、一口目少しボソボソしているかな?と感じましたが、食べているうちに気にならなくなりました。
噛み応えのある麺なので、自然に良く噛んで食べていました。
その結果…食後にはかなりの満足感!
どれぐらい満足感があったかというと…お昼に食べて夜まで何も食べられなかったぐらい。
ベースパスタは麺だけでしっかり栄養が取れるので、もしかしたらトッピングは不要だったかも?
お昼を食べても夕方には甘いもの&しょっぱいものセットでティータイムが日課でしたが…
ベースパスタボリュームがあり満足感があるので、私の場合は間食を食べることが減りました。
※個人の感想であり、効果効能を示すものではありません。

ベースパスタフェットチーネの口コミレビュー

『ベースパスタ』フェットチーネの袋

 

作り方

『ベースパスタ』フェットチーネを袋から出したところ

袋から取り出したペースパスタ(フェットチーネ)。
固まっていた『ベースパスタ』フェットチーネをほぐしたところ
固まっているのでこんな感じで少しほぐします。
※アジアン同様、開封時『え…大丈夫?!』ってぐらい酸味のある独特の臭いがします(汗)
でも茹でるとほとんど気にならなくなりました。
『ベースパスタ』フェットチーネを鍋で茹でているところ
茹で時間はアジアンより少し長い2分。
さらに簡単にしたい場合は、電子レンジ調理も可能♪(500Wで5分チン)

茹で上がった『ベースパスタ』フェットチーネ

茹で上がりました! こちらも少し短め1分50秒ぐらいであげましたが、全く問題無し。

コクと旨みのボロネーゼソース

『ベースパスタ』ボロネーゼソース

フェットチーネも、公式サイトでベースパスタに合う専用ソース『コクと旨みのボロネーゼソース』を購入しました。
『ベースパスタ』ボロネーゼソースを湯せんしているところ
こちらは鍋で3~5分沸騰させるので、かけて混ぜるだけの台湾まぜそばソースより少し手間ですね…
麺に対してソースの量は十分。
ただ台湾まぜそばソース同様、胃腸弱めなアラフィフの私には少し味が濃かったです…
粉チーズをかけようと思ったんですが、ソースの塩気が思いのほか強かったのでやめました。
どちらのソースもお店のような本格的な味なので、濃いめの味つけがお好みであれば調理も簡単でおすすめです♪

実食!

『ベースパスタ』フェットチーネボロネーゼソース完成

見た感じ、細麺のアジアンよりさらにボリューミーです。
『ベースパスタ』フェットチーネボロネーゼソースにドライパセリをかけてみた
少し色味が淋しかったので、ドライパセリを散らしてみました。
もちもちした食感の『ベースパスタ』フェットチーネ
麺はモチモチと弾力があり、もともとフェットチーネ(太麺)が好きな私は好みの食感でした。
やはりアジアン同様130gの麺は私には量が多く、ダンナに少しおすそ分けしました。
一体どんなパスタなの?と恐る恐る食べたダンナの反応は…
ダンナ
ダンナ
なんだ~普通に美味しいパスタじゃん♪

とバクバク食べてました(笑)

\初回20%オフ/
公式サイトが最安値で一番お得! いつでも解約OK!

ベースパスタのデメリット

・食感や臭いが独特
・アレンジできないと飽きる
・値段は安くはない

食感や臭いが独特

確かに食感や臭いは独特なので、私は好きですが…人によって好みは分かれそうです。

普通のパスタと思って食べてしまうと、あれ…?となってしまうかもしれません。
特にアジアンは、パスタというより蕎麦に近い感じかも。
実際私も初めて一口食べた時は『ん?何かボソボソしてる?』と感じたんですが、食べているうちに違和感は無くなり、むしろハマってしまいました♪

アレンジできないと飽きる

公式サイトで購入できる専用ソースがあり、確かに調理はとても簡単です。

でも…さすがにそれだけではすぐに飽きてしまいます。
料理はちょっと…という場合でも、市販のソースを試すだけでかなり選択肢は増えます。
普段から料理が好きでいろいろなソースや味付けでアレンジを楽しめる人であれば、ベースパスタの可能性は無限大に広がります♪

値段は安くはない

正直…高いか安いか?はそれぞれの価値観によるところが大きいと思います。

ベースパスタ1袋の値段は、¥336〜 (税込)
もちろん自炊するよりは高くなりますが、作る手間は圧倒的に楽です♪
個人的には、これだけの栄養素が詰め込まれて添加物もほとんど無く、安心して食べられるのであれば決してお高くはないと感じています。

ベースパスタのメリット

・栄養食とは思えない美味しさ
・作るのが簡単
・ボリュームがあり満足感がある
・毎朝のスッキリを助ける
・アレンジが無限大

栄養食とは思えない美味しさ

冒頭から何度もお伝えしている通り、ベースパスタは普通に美味しいです♪

確かに多少クセはありますが、完全栄養食でこのクオリティなら全然アリ!

※ 1食(1袋)で、栄養素等表示基準値に基づき、他の食事で過剰摂取が懸念される、脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウムを除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

恐る恐る食べたダンナも『なんだ~普通に美味しいパスタじゃん♪』とバクバク食べたほど。

作るのが簡単

麺を茹でる手間はありますが、アジアンなら1分、フェットチーネも2分と爆速で調理が完了します!

『でもなるべく洗い物増やしたくないんだよねぇ…』という場合は、電子レンジ調理もOK♪
お一人様のおうちランチ、正直面倒臭いですよねぇ。
『何も作りたくないけど、体に良いものは食べたいのよねー』というワガママアラフィフ主婦にとって、ベースパスタはもはや欠かせない相棒!(笑)

ボリュームがあり満足感がある

初めてベースパスタアジアンを食べた時、そのボリュームに驚きました!

ボリュームがあり満足感があるので、私の場合はベースパスタをお昼に食べた日は間食を食べることが減り、結果的に摂取カロリーを減らすことができました
でもやっぱりおやつも食べたい食いしん坊の私…
たまにはスィーツも思いっきり楽しんで、翌日はベースパスタでヘルシーランチという風にバランスを取っていけたらいいのかな~と思います♪
※個人の感想であり、効果効能を示すものではありません。

毎朝のスッキリを助ける

ベースパスタには食物繊維が豊富に含まれている為、毎朝のスッキリを助けてくれます。

年齢を重ねるごとに健康志向が高まっているアラフィフ世代の私としては、からだの調子が整い、毎朝のスッキリを助けてくれるというのは何よりも嬉しいポイントです♪

アレンジが無限大

ベースパスタのアレンジレシピは、公式『BASE FOOD Labo』でチェックできます♪

もう…ビックリするぐらい無限にあり、ユーザーさんのコメントも掲載されています。
気になるものを見つけて、ぜひ作ってみて下さいね。
私も作ってみて美味しかったレシピがあれば、どんどん追記したいと思います!
\初回20%オフ/
公式サイトが最安値で一番お得! いつでも解約OK!

ベースパスタはこんな人におすすめ

・忙しくて料理する時間は無いけど健康的なものは食べたい
・食事のバランスを整えたい
・栄養はしっかりとりたい

私は特に忙しい訳ではないので…そこだけは当てはまりませんが(汗)

あとはガッツリ当てはまってますね~。
とにかく健康に暮らしたいアラフィフの私にはまさにピッタリ♪
今後長いお付き合いになりそうです。

一番お得に買えるのは公式サイト

現在、ベースパスタは実店舗で購入することはできません。

公式オンラインショップ、楽天市場店、Amazonベースフード公式ショップなど、オンラインでの購入が可能です。
中でも一番お得に購入できるのは、公式サイト。 公式サイトがお得な理由はこちら↓

・継続コースは割引がある
・いつでも解約可能
・賞味期限が長い

継続コースは割引がある

継続コースは、初回は商品価格20%オフ、2回目以降10%オフの価格で購入できるとっても便利でお得なコース。
私も初めての時、継続コースでお得にたくさん注文しました。
初めてなのでたくさん頼むのはちょっと不安ではありましたが…今となってはもっと頼んでおけば良かったー!と後悔しています(笑)
ただし賞味期限は約1ヶ月なので、頼み過ぎには気をつけましょう・・・

いつでも解約可能

でも継続コースって『〇回頼むまでは解約できません』とかあるんじゃないの?!って心配になりますよね…

ベースフードは、契約期間に縛りはなく、解約手続きはいつでも可能です!
マイページからいつでも自由に解約できるので、安心して始められます。

賞味期限が長い

これ、意外と見落としがちな大事なポイントです!

私が公式サイトで注文して届いたベースパスタ・ベースブレッドの賞味期限は約1ヶ月でした。
ベースフードは楽天市場店、Amazonベースフード公式ショップなどでも購入できますが、そちらは賞味期限が半分ぐらいの場合があります。
せっかく購入するなら、少しでも賞味期限が長い方が嬉しいですよね。
そんな訳で、ベースフードは公式サイトからの購入が圧倒的にお得です♪

まとめ

今回は、健康に暮らしたいアラフィフ主婦が『ベースパスタ』を実食してみた正直な感想やメリット・デメリットをまとめました。

結論としては普通に美味しく食べられてからだの調子も整えられるベースパスタは、自信を持っておすすめできる商品』です!
購入は公式サイトからが圧倒的にお得なので、気になる方はぜひチェックしてみてください♪
\初回20%オフ/
公式サイトが最安値で一番お得! いつでも解約OK!

コメント

タイトルとURLをコピーしました